kimmaのシネマブログ

映画とたまに本・ドラマの感想・自分なりの解釈について。あくまで1個人の意見です…

『溺れるナイフ』

〇作品概要

・2016年公開

・監督:山戸結希

・原作コミック「溺れるナイフ」作:ジョージ朝倉

・あらすじ

…15歳の望月夏芽(小松菜奈)は、東京でモデルをしていたが、家の事情で浮雲町に引っ越すことになる。そこで、ある日同級生のコウ(菅田将暉)に出会う。それ以来、夏芽はコウのことが頭から離れなくなってしまう。コウもそんな夏芽に惹かれ、2人は付き合うことになるが、ある事件をきっかけに傷を負った2人は、次第に距離が離れていき…

〇感想・見どころ  ※ネタバレ含みます。

 本作は、キラキラした純白な青春恋愛映画ではない。なぜなら、夏芽とコウには生涯消えることがない傷を負うことになる事件が起こるからだ。夏芽は、夏祭りの日にレイプの未遂事件に合ってしまう。コウは、その場で居合わせながらも夏芽を守ることができなかったことに責任を感じ、2人の距離は次第に離れていってしまう。そして、その事件の犯人は、数年後に再び夏芽の目の前に現れるのだ。そういった不吉な予感は、舞台となる街の深くて濃い海の碧さや、波の荒さからも連想させられ、作品全体を通してどこか不安な気持ちにさせる雰囲気があった。一方で、そんな海の中から、突如現れるキレイな金髪のコウの存在感は圧倒的で、夏芽が惹かれるのにも納得した。この頃から既に、菅田将暉の演技が同年代の俳優たちと比肩しても、明らかに秀でている事に驚いた。

 また、全体を通して独特なカットが好みで印象に残るシーンが多かった。夏芽とコウが2人で海ににもぐるシーンや、炎が不気味に赤々と燃える夏祭りのシーン、ラストの赤いバラをチラシながらバイクで走り抜けるシーン…など、若さ故のもろい情熱を感じられるような、儚くも力強いシーンが脳裏に焼き付いた。